So-net無料ブログ作成
検索選択

いちごジャムの作り方 レンジで簡単に作れちゃう方法!![レシピ]

そのまま食べてもおいしいイチゴをもっとおいしくしませんか?
初心者の方でも簡単に電子レンジで作れるいちごジャム作り方
ご紹介したいと思います。
スポンサードリンク




皆さんイチゴジャムってお鍋を出して
コトコト煮込んで時間がかかるイメージがありませんか?

実家の母はイチゴが余るとよくジャムを作っていたのですが
いつも鍋とにらめっこ・・・。
煮詰まらないようにしゃもじでかき混ぜていて
「めんどくさそうだな・・・」と思っていました。

初心者さんやめんどくさがり屋の私のような方でも
簡単にイチゴジャムが作れる方法をご紹介していきます。
さっそくみてみましょう。

いちごジャムの作り方 レンジで簡単に作れちゃう方法


イチゴジャム.jpg
参考:http://blog.goo.ne.jp/
【準備するもの】
●イチゴ 250g
●グラニュー糖 100g(果物重量の半分が目安)
※お好みで減らしても増やしてもOKです。
●レモン果汁(無くても良い)  大さじ1
●ペクチン(固まりやすくする為、無くても良い)
必要でなければ、イチゴとグラニュー糖だけで作れちゃいますね!!

●電子レンジで使える耐熱容器(1.5Lあるものが良い)
●はかり
●へら
●ジャムの空き瓶

【事前準備】
ジャムを入れる空き瓶はあらかじめ煮沸消毒を行います。
または、容器を洗った後、濡れたままでレンジで1分30秒くらい加熱しましょう。
これをしておかないとカビが生えてしまったり、ジャムが痛みやすくなるからです。

事前準備ができたらさっそく作っていきましょう。

【作り方】
1、まずイチゴのヘタを取り、傷んだ部分を取り除きましょう。
水で洗い、軽く水気をとります。
その後、いちごに砂糖をかけます。

2、イチゴの入った容器をラップをせずに電子レンジに入れ加熱しましょう。
600wで5分くらい。イチゴの量や容器の大きさによって
時間が微妙に変わるので様子を見て加熱してください。
目安は、少し沸騰するくらいです。

3、レンジで加熱するとアクがでてきます。
丁寧にアクを取ることでキレイなイチゴジャムが出来ます。
ここはめんどくさがらずに丁寧に取っていきましょう。

4、再度レンジで加熱をしていきます。
今回も5~6分程過熱をしていきますが、
耐熱容器の縁近くまで泡立ちます。
泡が吹きこぼれないように注意しながら加熱してください。
※レモン汁はここで入れましょう。(入れなくてもOK)

5、過熱をしていくと少しずつ固まっていきます。
固まり加減をみてレンジ加熱を繰り返しましょう。
固まりかけてきたら加熱は終了です。
(お好みで果肉をつぶすなどしてください。)

6、アクをとり瓶に詰めていきましょう。
熱いうちに瓶に詰めて蓋をしましょう。
上に空間があまりできないような瓶を選びましょう。

いかがでしたか?
イチゴの量や大きさによってレンジで加熱する時間は変わってきます。
冷凍のイチゴでもジャムは作れます。
その際は加熱時間を長めにしてみてくだい。

お休みの日にお子様と作ってみたりすると楽しいかもしれません。
市販のジャムとは違ってちょっと酸味があっておいしいイチゴジャムです。
ヨーグルトやパンに塗って是非この季節しか味わえないジャムを作ってみてくださいね。

私も作れたので大丈夫です(笑)
みなさんがおいしいイチゴジャムが作れますように♪





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。