So-net無料ブログ作成
検索選択

鰻と食べ合わせが悪いのは梅じゃないって本当?NGな食べ合わせは?

鰻と食べ合わせが悪いのは梅干しとよく言われていますよね。
実際に食べない方も多いと思いますが実は嘘のようです。
本当なのでしょうか?
スポンサードリンク




皆さん土用の丑の日に「鰻」食べてますか?
今も昔も鰻は高級な食べ物として愛されていますよね。
私も丑の日には食べてます。

夏の暑さを乗り切るために鰻が食べられていますが
一緒に食べてはいけない食材があるのそうです。

食べ合わせとは?


食に関する伝承の一つであり「合食禁(がっしょくきん)、
食合禁(しょくごうきん)」と言われており
日本語では「食べ合わせ(くいあわせ・たべあわせ)」と呼ばれています。
一緒に食べるときに食材の取り合わせが悪いといういい伝えで
消化に害をきたすと言われ、日本では明治維新期頃まで
天皇に合食禁を出すと重い刑にされていました。

食べ合わせが悪い代表として、
「天ぷらとスイカ」や「タコと蕨(わらび)」があり
その中でも「鰻と梅干し」はよく言われていますよね。

鰻と梅干しの食べ合わせは悪くない


鰻1.png
出典:http://www.irasutoya.com/
今まで食べなかった!という方も多いのではないでしょか?
私も同じです。

脂っこい鰻と酸味の強い梅干しが刺激しあい
消化不良を起こすとされ合食禁とされていました。

実際は酸味が脂の消化を助けるため、
相性のいい食べ物だそうです。
また味覚もいいとか。

なぜ合食禁とされたのでしょか。

江戸時代の貝原益軒が書いた「養生訓」の中に
(現代でいう「長生きするための健康本」)
「銀杏と鰻」の合食禁が記されていたのが
「梅干しと鰻」になってしまったそうです。

また、鰻はタンパク質やビタミンなどスタミナアップには
良い食材ですが動物性の脂肪もたっぷり含まれています。
夏バテ解消だからといって食べ過ぎて
消化不良が起きてしまうことを防ぐのと、
梅干を一緒に食べると酸味で食欲が増し食べ過ぎて
お腹を壊すという意味もあるそうです。

一緒に食べると良いものと悪いものな何?


【よい食材】
(夏バテ解消、虚弱体質の改善)
●トマト、きゅうり、やまいも、れんこん
(神経質、リウマチ、脚気の改善)
●春菊、唐辛子、酢、ネギ、味噌
(冷え性の改善)
●ニンニク、ショウガ、人参、ネギ

【悪い食材】
●スイカ
「天ぷらとスイカ」が良くないように
脂の多い食べ物と水分の多い食物を一緒に食べると
胃液が薄まり、消化不良を起こすことがあるそうです。
胃腸の弱い人、下痢気味の人は
避けたほうがよいでしょう。

同じように水分が多い「メロン」もよくありませんので注意しましょう。

最後に・・・


いかがでしたか?
梅干しと鰻は相性がいいということなので
これから暑い夏を乗り切るために食べてみてはいかがでしょうか?
あ、食べ過ぎには注意ですからね(笑)




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。